minajyo学校法人 水口女子専門学校/早稲田大阪学園 向陽台高校技能連携校

学校の内容等を説明しています。興味のある方は校長のブログの方にも遊びに来てください。http://blog.livedoor.jp/hideaki5504/

学校法人・水口女子専門学校/向陽台高等学校水口キャンパス
(高等学校と高等専修学校を3年間で同時卒業)
528-0038甲賀市水口町新町1丁目5-31
☎0748-62-1161 fax62-1175✉minajyo1943@yahoo.co.jp
最寄駅 近江鉄道「水口駅」改札口より徒歩98歩
校長ブログ=校長の妄想ブログhttp://blog.livedoor.jp/hideaki5504/
学校予定=http://minajyo.doorblog.jp/archives/48474635.html
にほんブログ村 教育者(高校)

不登校

★転入学の時期と単位習得について★

PA300259
転・編入学の時期について!!!


▼1年次1学期の場合◎
前の高校のカリキュラムを継続履修するとともに、前の高校での未履修科目(本校必修科目)の補講を1学期中に実施して問題なく転入できます。


▼夏休み~10月以前の場合◎
前の高校のカリキュラムを継続履修するとともに、前の高校未履修科目を1年終了までに補講を行い2年生に進級できます。


▼2学期10月以降の場合△
前の高校からの継続カリキュラムが概ね20単位以上ある場合は継続履修し、未履修科目の補講を行い2年生に進級できます。


▼3学期の場合×
原則として転入は受け入れられません、
今の高校で一単位でも多く習得できるように努力してください。

▼1年終了時点〇
前の高校での習得単位が概ね15から20単位あれば、
翌年度4月から2年生として転入できます。
2年生で未履修科目の補講を行います。


▼2年生2学期10月以前△
前の高校での2年生のカリキュラムを継続履修するとともに未履修科目の補講を行います。(1年次の習得単位が概ね20単位以上)

▼2学期11月以降△
1年次の習得単位が概ね25単以上あり、継続履修できる科目が概ね25単位以上あり、なおかつ、本校必修科目を修得および継続できることが2年編入の条件となります。


▼2年終了時点△
前の高校の修得単位数が概ね50単位以上あり、本校必修科目の80%以上を修得していれば翌年度から3年生に転入できます。
・未履修必修科目の補講は3年1学期に行います。


▼3年1学期中△
2年生終了時点で修得単位概ね50単位以上あり、本校必修科目を修得していれば3年生に転入可能です。
前の高校のカリキュラムを継続履修して1学期中に本校3年必修科目の補講を行います。

×3年2学期以降の、転入はきわめて難しくなりますが、2年終了時点で60単位以上修得して、本校必修科目をすべて修得および継続履修できれば、3年転入可能です。


※上記の用件はあくまで標準的な目安です。

★向陽台高等学校が早稲田大阪学園に生まれ変わりました。

★当校は鈴鹿国際大学の協定校です。優先入学、優遇措置あり。

◆オープンキャンパスいつでもOK(原則土日祝以外)!

電話・メール・ファックスで予約、日時を決定。

★住所 528-0038滋賀県甲賀市水口町新町1-5-31

電話0748-62-1161

ファックス0748-62-1175

メールminajyo1943@yahoo.co.jp

校長ブログ<br>http://blog.livedoor.jp/hideaki5504
秀昭校長で検索

(学)水口女子/
早稲田大阪学園 向陽台高校水口キャンパス

Since1943

自分の事1/学校恐怖症??

コピー ~ CIMG0101
俺は中学1年の夏休み明けから(^_^;)

学校にほとんど行かなくなった(^_^;)

昭和42年当時はまだ不登校という言葉はもちろん登校拒否という言葉すらなかった
<`~´>


先生から「なんで学校に来れないねん!」

「なんで集団行動が出来ひんねん!」

「なんで友達とトラブルを起こすねん?」と良く聞かれた!

 

その理由は自分でもよくわからなくて!

 

逆になんでみんなが!

 

なぜ学校に毎日来れるのか!

なぜみなが集団行動がとれるのか!

なぜみながトラブルや喧嘩をおこさずに過ごせるのか!

なぜ先生が毎日嫌な事があってもいつも前向きな姿勢で学校に来れるのか?

の事の方が俺にとってはとても不思議だったしスゴイという尊敬心もあった!

 

学校に対しても教師に対しても反感も反抗心も全く持っていなかったし(*^^)


先生の言うことはいちいちもっともで納得は出来るが!

 

教師の言う事はわわかっちゃいるけど実行出来ない(^u^)

 

学校を休む理由を何となくとか(^_^;)

パスするとは言えないので!!

 

苦し紛れに身体がしんどとい言えば「医者に連れて行ったろう、不規則な生活を正して規則正しい生活を送るように」と言われ(^_^;)

心配して見舞いに来てくれるし!

 

「学校に行っても勉強がわからない」と言えば(^_^;)

「放課後、勉強を教えたろ?」ととんでもない熱意の波状攻撃が飛んでくる!


先生の言葉に感謝はしたが・・・


理由なんかわからないがとにかく学校に行きたくない一心だった
(*^^)v

 

言いがかり


俺が(^_^;)

それをすることによって先生からの指導は極端に減った。


俺は(^_^;)

心にもない教師批判や学校批判を繰り返した(^_^;)


教師の体罰、暴言、不適切言動について(^_^;)

不満と批判を連発して(^_^;)


男子だけ坊主頭の規則に対して(^_^;)

男女平等と言うなら(^_^;)

女子も坊主の規則にすべきだと(^_^;)

わけのわからない(^_^;)

理屈をこねて真面目な先生を困らせて(^_^;)


屁理屈ををいうなと激怒する先生もいたが(^_^;)

俺への先生からの(^_^;)

登校指導やかかわりは極端に減った!

 

単純な俺は調子に乗って学校にもたまにしか行かずに自由を得たような気分で。

 

同時に俺に関わってくれている先生たちをひどく傷つけていることや(?_?)

 

学校からは(*^^)v

反抗的、学校不適応、問題行動、問題児、という烙印を押されている事すら気付かない鈍感さと能天気だった!

 

それでも担任の日野谷先生は激怒しながらも(^_^;)

俺に熱心に関わってくれたと(^_^;)

今思えば感謝と残儀に耐えない・!

 

そうこう勝手気ままをしているうちに!

 

中一の11月に児童相談所に入所という事態を迎える!


児童相談所では(^_^;)


俺の都合の良い妄想話を(^_^;)

淡々と聞いてもらえる無条件の受容と共感に救われた気分になったち!


大津の中央児童相談所で何回か検査を受けた後に入所(^_^;)


当時の昭和
43年ごろはまだ不登校という言葉はもちろん登校拒否という言葉すらなかった。


神田と言う児童心理学士の先生が(^_^;)

担当で俺と面談している時(^_^;)

「アメリカでは学校恐怖症と言う言葉があるらしいで。」

「長良君もその学校恐怖症と違うか?」と・・・言ってくれた!

 

当時は今のように1人の相談員が123人もの児童を!


担当していなかったのか?


児相自体が暇だったのか
(?_?)


熱心に学校恐怖症について調べて語ってくれた!!

 

次の行き場を決める児童相談所での(^_^;)

観察期間の俺にとっては(^_^;)

渡りに船の(^_^;)

学校へいかなかった理由を正当化できる(^_^;)

便利な言葉が学校恐怖症だった!!

神田先生は真面目にドがつくような学者肌の堅い当時
36ぐらいの先生で!



学校に行かないのは学校に行っている間に親がいなくなってしまう恐怖心があるから!


という本当は学校・・さぼりたいだけやのに(^_^;)

 
 


万引きは寂しさを紛らわすためのスリルを味わう手段やった!



本当は・・物がタダで手に入るお金を出して買うのが勿体ない物欲だけ(^_^;)
 

 

集団行動が出来ないのは大勢の人と接すると怖くなってくる!


本当は・・・協調性がないだけの話(^_^;)

等々の(^_^;)

俺のでまかせの話を(^_^;) 

 

だまされてくれているのか(^_^;)

ほんまに俺の戯言を信じているのか(^_^;)

分からないが!!


うなずきながら熱心に疑問を持たずに俺の都合の良い作り話を(^_^;)

無条件の受容と共感に救われた気分になってしっかりやってみようかと思ったのは確だった!!!


俺はここで(^_^;)

3か月の観察期間を過ごして(^_^;)

年が明けて(^_^;)

1月の末(^_^;)

次に俺が行くところを決定する(^_^;)

審判の日がやってきた(^_^;)

★こんな生徒が学んでいます

DSCN0307
△苦手科目や弱点を気にすることなく、自分の特技や得意を思いっきり伸ばしていこうという生徒。

△外国人就労の方の家族や、第一言語が日本語でない人、日本語の読み書きに不安がある生徒!

△日本語の読み書きに不安があり、日本語の読み書きの基礎を学びながら高校卒業と進学を目指す人。

△自分のペースでゆったり高校生活を送り、受験勉強に追われることなく指定校推薦等で大学や専門学校に自分のペースで進学したい生徒。

△外国籍やLD等により日本語の読み書きに不安のある生徒が安心して自分の得意や特徴を伸ばしながら、学習負担は軽くて、高校卒業を確実にしたい人。

△身体的、体力的に自信がなく思うように学校に登校できない、体育等が出来ないが、身体を治しながら高校を卒業し、さらに自分の夢をかなえたいと思っている生徒。

△大きな集団での人間関係が苦手で、気心がしれた少ない人数の中で高校生活を、安心して楽しく送り、自分の夢に近づこうとしている生徒。

△学校の勉強以外のことに興味をもち高校生の間も、自分のやりたいことを主にして伸ばそうとしている生徒。


△高校生の間に医療事務やホーム・ヘルパーの資格をとって将来は福祉系の学校に進学するか、介護福祉関係の仕事につこうとしている生徒。

△学校に行き辛い思いや、頑張りたいけど頑張れない等の貴重な経験を人生の糧として、その体験を自分の将来に生かし、後輩たちの力になろうとする生徒!

※卒業生には自分の得意を伸ばせる、本校独特の特徴を活用し(*^_^*)

ボウリングでは全日本学生チャンピオンに上りつめた(川口富恵)や(*^_^*)

健士館の空手世界大会で4位をとった(森園章代)をはじめ(*^_^*)

卓球やその他のスポーツ、ファッション・モデルや文化活動で(*^_^*)

自分だけの『得意の発掘』を遂げている卒業生も数多くいます。

●生徒の自慢1‥2003~13年の卒業生、大学・短大・専門学校受験合格率100%(*^_^*)

●生徒の自慢2・・2003年から連続、3年間での、最短卒業率100%達成決定。(入学してきた生徒全員が3年間で一人の退学、留年、転校なしで全員卒業)

●学校の自慢・・・本校より指定校推薦で受験できる大学120校、短大60校 専門学校103校の指定校は生徒一人に対しては全国一多い校数(*^_^*)

2014年度はさらに数質とも拡充の見込みです。(*^_^*)

今、登校しずらい方、歓迎!

今は、学校に行けなくても絶対大丈夫です(*^_^*)

学校に行こうと思っても行けない時の(*^_^*)

苦しい経験や貴重な体験を無駄にせず!

人生の糧として貴女の未来を輝かしましょう(*^_^*)

今~頑張ることが出来ない人も歓迎(*^_^*)

頑張らないのと!

頑張れないは全然違う(+o+)

頑張れないときは無理せずゆっくりと休めば良い!

休んだ後にボチボチ進めればよい!

疲れた時は休む勇気も大切です(*^_^*)

オープンキャンパスいつでもOK(原則土日祝以外)!

電話0748-62-1161<br><br>ファックス0748-62-1175  

minajyo1943@yahoo.co.jp(*^_^*)


 
ギャラリー
  • 2017年秋冬季予定^^;
  • 2017年秋冬季予定^^;
  • 2017年秋冬季予定^^;
  • 2017年秋冬季予定^^;
  • 2017年秋冬季予定^^;
  • 2017年秋冬季予定^^;
  • 2017年秋冬季予定^^;
  • 2017年秋冬季予定^^;
  • 2017年秋冬季予定^^;
カテゴリー
  • ライブドアブログ